フォレスターナ軽井沢 スタッフブログ

リンク

フォレスターナ軽井沢

『フォレスターナ軽井沢』

2008年オープン!都心からたった80分ほどの近さにある、夢が醒めない楽園。五感がときめく、軽井沢・美感ウエディング『フォレスターナ軽井沢』

カレンダー

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月のアーカイブ

2015年10月08日の記事

もみの木神殿 誕生の話…

もみの木神殿とは

もみの木神殿は長野県と群馬県の県境になる「熊野皇大神社」の別宮として祀られて
います。

熊野皇大神社の成り立ちは神社に伝えられている由緒記、また古事記 日本書紀によると、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が碓氷嶺に登った際、急に濃霧で進めなくなりました。そのとき一羽の八咫烏(ヤタガラス)が現れ、紀州熊野の梛木(ナギ)の葉をくわえ、落としながら先導し、それについて行っき山頂まで登ることが出来ました。
日本武尊は碓氷峠の山頂から遠くの海を眺め、相模灘で荒波を静めるために海中に身を投じた最愛の妻、弟橘姫(オトタチバナヒメ)を偲び「吾嬬者耶(アヅマハヤ)」「ああ、いとしき我が妻よ」と三嘆したと伝えられています。

日本武尊はこの八咫烏の導きを熊野神霊の御加護によると考え、ここに熊野大社を築いたのが始まりとされています。

7770023871-2015-10-07T12_48_00-1%5B1%5D.jpg

さらに境内には樹齢850年以上の科の木というご神木があります。
「科」の語源には「結ぶ・くくる」などと云われ、開運・縁結びのご神木として信仰されています。
また、もみの木神殿の「もみの木」は天に向かって真っ直ぐに伸びる木として縁起の
いい木とされています。

このふたつの縁起のいい木を持ち合わせ、「もみの木神殿」が誕生しました。

科の木のようにかたい絆で結ばれたふたりが、これからまっすぐ永久の幸せに向かって末永く過ごせますように、という想いがこめられているのです。

神殿での挙式が気になる方はぜひ「和婚フェア」へお出かけください。
▼軽井沢和婚フェア
http://ssl-pro.net/~forestana/fair/#CN81022


2015年10月08日 19時30分 wrote by pure

2015年10月29日の記事

フォレスターナ軽井沢のスタッフブログをご覧のみなさま、こんにちは。

フォレスターナのチャペルではキリスト教式はもちろんですがふたりのオリジナリ
ティが出せてよりアットホームな雰囲気の挙式にできる人前式も人気です。

キリスト教式では「神父や牧師」「聖歌隊」「賛美歌」などがつきものですが、オリ
ジナルの人前式ではその組み合わせも様々です。

先日、「光のチャペル」で挙式をあげられた新郎新婦さまはチャペルでのオリジナル
人前式を選択されました。

挙式中の演奏者も「オルガン」×「ギター」とよりカジュアルに。

7770023871-2015-10-29T16_38_06-2%5B1%5D.jpg

リラックスムードの中、挙式が進みました。

おふたりの想い出のある楽曲をセレクトし、それを奏者が演奏します。指輪の交換や
誓いのキスなど山場はありますが、なんといってもふたりで考えられた誓いの言葉を
皆さまの前で宣誓するところが一番の見せ場になるのではないでしょうか。

7770023871-2015-10-29T16_38_06-1%5B1%5D.jpg


全部ふたりで決めなくてはいけないの?と心配なさる方もいらっしゃいますが、プラ
ンナーにご相談いただければベースになる式次第をご提案させていただき、おふたり
で決めたいポイントをしっかり選んでいただけますよ。

ぜひご相談くださいませ^^♪

2015年10月29日 18時43分 wrote by pure