2012年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« (No.51)頑張れ、とうちゃん!! ~オヤニラミ~ | メイン | (No.53)大きくなったら大変身!? ~ナンヨウツバメウオ~ »

(No.52)世界一大きなタコ、怪力の持ち主~ミズダコ~

イカとタコ類は何の仲間だろう?と思う人は多いと思います。体が大変に軟(やわ)らかいことは知っていますね。実は堅(かた)い殻(から)を持った貝の仲間なのです(軟体(なんたい)動物といいます)。永い進化の過程(かてい)で殻が必要なくなってしまい、体の中に入ってしまいました。
タコは不思議な動物で、頭と思っている部分は実は胴(どう)であり、頭は眼(め)のあるところです。つまり、胴と頭の位置が逆転(ぎゃくてん)しているのです。また、足だと思っているのは、腕(うで)なのです。8本持っているのがタコ類、10本がイカ類です。
ミズダコはタコ類の中で世界最大といわれ、腕を広げると3m以上、体重は40kg以上になるものもいます。当館では、アサリ、アジ、イカなどを餌(えさ)に与えていますが、自然界では甲殻(こうかく)類(エビやカニなど)や貝類などを好んで食べており、ケガニやタラバガニといった大きいものや、ウニなどを食べます。ミズダコの天敵(てんてき)は、イルカやアザラシなどの海にすむ哺乳(ほにゅう)類やサメ類などの大型の魚のようですが、大きく成長したものはサメをも食べてしまう程の怪力を持っています。
飼育していると、水槽から脱出(だっしゅつ)することがあります。なにしろ、怪力の持ち主なのでこれを防(ふせ)ぐために、水槽のフタに重量のある、重しを置き、防止対策をしています。また体が軟らかいので、わずかの隙間(すきま)からも脱出するなどの特技も持っています。
(高山詩織・長谷川勇司)
%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%80%E3%82%B3.bmp

投稿者: スタッフ 日時: 2012年10月05日 15:05 |