2012年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« (No.57)カクレクマノミ | メイン | (No.59)タマカイ »

(No.58)「温泉アザラシ・ビリー君」登場

既(すで)に皆(みな)さん新聞やテレビ、インターネット(世界配信もされています)等で見たり聞いたりした方も多いと思います。ここではビリー君が温泉芸(げい)を覚えるまでの一部を紹介(しょうかい)します。
 まず、なぜ温泉芸を始めたのか?、実はアザラシ達が暮(く)らすプールは真冬になると外気との温度差のため湯気(ゆげ)が立のぼるのです。そんな中で水面から顔を出して目を細める姿が温泉につかっているようなので温泉芸を思いつきました。
 今では簡単(かんたん)に桶(おけ)を持ち、手(て)拭(ぬぐ)いを載(の)せていますが、ここまでくるのには苦労の連続(れんぞく)でした。手で物を持つことを知らなかったので、物を持つ訓練から始めました。最初は小さいボールを持つことから始め、徐々(じょじょ)に大きいボールにチャレンジしました。小さいボールはすぐに持てるようになりましたが、大きいボールは難(むずか)しいようで、持とうとすると前脚(まえあし)から逃げてしまいます。根気よく訓練を続けることでようやくボールを持つことができました。そして、いよいよ桶です。
 桶を持つ訓練を始めると、ボールと同じように持とうとしましたが、桶はさらに大きく、形も違(ちが)うために、桶の淵(ふち)に前脚が当たり、持つことができません。しかし、訓練を日々重ね、前脚を大きく広げて、桶を横から持つことができました。そして、ついに温泉芸ができるようになりました。
いかがでしょうか?、これが「温泉アザラシ・ビリー君」登場までの訓練の一部です。現在はさらなる特訓(とっくん)をつんでいます。皆さんぜひバイカルアザラシショーでのビリー君の温泉芸を見てくださいね。
(鈴木智久)
biri-.bmp

投稿者: スタッフ 日時: 2012年10月17日 14:21 |