2012年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« (No.61)逆(さか)立ちする魚 ~ヘコアユ~ | メイン | (No.63)淡水魚と海水魚はどこがちがうの? »

(No.62)新展示水槽「好適(こうてき)環境(かんきょう)水(すい)」 ~奇跡(きせき)の水~

今夏(こんか)当館では、新展示と致しまして、好適環境水なる特殊な水を使った水槽をオープンしました。何やら難しそうな名前と思われた方もいるかも知れませんが、話は単純で、普通の水に専用の粉末(ふんまつ)を溶かすだけで、海水魚と淡水魚が一緒に飼えるようになる水槽というものです。
使用法や見た目によく似た、人工海水という製品がありますが、そちらは海水のコピーであって海水魚限定、しかも高価な為、主にセレブな方が使うようです。さて、お話は数年前にさかのぼります。地方の山あいにあった、ある専門学校では、実験で使う貴重な海水を巡(めぐ)って度々ケンカが起こりました。困った先生は、何とかして海水よりも安く海のお魚が飼える水は作れないかと思案(しあん)していました。そして数年後新しい水の開発に成功しました。好適環境水を完成させたのです。輸送海水や人工海水よりも低コスト、海水でもなく真(ま)水でもないので通常の病原菌などにかかりにくく、真水に近い性質から排水処理コストが小さくエコロジー。正に奇跡の水です。先生はこうして無事、海水争奪(そうだつ)事件を解決し、さらに山で海水魚を養殖しようと計画しています。そしてまた、不思議な現象(げんしょう)が実現しました。そうです、好適環境水の特殊な性質から、海水魚と淡水魚が一緒にすめるという、ありえない環境が実現したのです。
キンギョやニシキゴイなど私たち日本人にとても馴染(なじ)み深いお魚と、皆さんもよくご存知のカクレクマノミや小さくて青いスズメダイの仲間など南の海のお魚が一緒に泳ぎます。そんなことが可能なの?と思われた方、もっと詳しく知りたい!と思われた方、そんな方々にこそ、ご自分の目で見て確かめて頂きたいと思います。8月8日(土)淡水館にてオープンしました!! (野村 俊介)
kouteki.bmp

投稿者: スタッフ 日時: 2012年11月26日 11:53 |