『モードな軽井沢』

081022_1124~01.jpg

ガブリエル・シャネルは言いました。

「モードではなく、あたしはスタイルを創り出したのです」

モード(MODE)もスタイル(STYLE)も、似た単語です。
意味は、「様式」とか「流行」とか、「形」とか。
そして「ファッション」という意味も含むという点においても似ている。

シャネルはそれを承知で、モードとスタイルを、くっきりと差別化してみせました。
モード=一時的な流行、うつろいゆくもの
スタイル=普遍的なかたち
そういう意味で、二つの言葉を使い分けたのだと思います。

私がこのブロクのタイトルでモードという言葉を使ったのは、
「ファッションをテーマに書いてみたい」
「軽井沢の今を(まさに、うつろいゆく軽井沢の今を)、発信したい」
この異なる二つの希望を、みごとに表現できるのでは! と自画自賛したからです。

偶然とは思えないようなめぐりあわせで、このような連載を始めることができることを、ふだん、「傲慢だ」とか「すかしている」などと周囲から小石を投げられている私でも、「ああ。こういう出逢いがあるから人生やめられないのだわ、感謝だわ」と、しみじみ感じ入ったりしています。

というわけで。
毎週月曜日には、「プチ・ファッション・コラム」を、そして金曜日には、かなり偏った情報が予想される「今週の軽井沢エトセトラ」をアップしますので、みなさま、覗きにいらしてくださいね。



山口路子プロフィール写真

山口路子

プロフィール
作家。2001年に東京から軽井沢に移住。
著書に『彼女はなぜ愛され、描かれたのか』(すばる舎)などのエッセイ集、小説『女神<ミューズ>』(マガジンハウス)など。軽井沢を舞台にした作品としては、小説『軽井沢夫人』(講談社)がある。
公式ブログ*山口路子ワールド*
http://anais.cocolog-nifty.com/blog/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
公式HP