BABBIでお茶を……★

「バビが入るって!」
「あのバビが軽井沢に!」
「アイラヴ バビ!」

プリンス「ニューイーストガーデンモール」に関するあれこれのニュースが飛びかっていた昨年の11月、軽井沢のそこかしこで、こんな声を耳にしました。(ちょっと誇張あり)

「甘味」ではなく「スゥイーツ」に敏感な女子の間では、とっても有名なバビ。
バビの代表作である「ヴィエッネズィ」を、私の知人は「世界で一番美味しいチョコウエハース!」と言い切ります。


そんなわけで。
「行こう行こう、行きたい行きたい、行かなければならない」
と、ずーっと思い続けていたバビですが、
先日、東京から友達が、軽井沢にちょこっと立ち寄ったので、彼女と一緒に、ようやく行ってきました。


事前に、お勉強熱心な私はバビのHPをチェック。
「ニュース」のコンテンツに「軽井沢」を発見。興奮してしまうのはなぜ……

***

六本木ヒルズ・けやき坂で展開している
BABBI発の「ドルチェ・カフェ」が軽井沢にオープン。
従来のコーンやカップに盛り付けて召し上がっていただくスタイルに加え、
ドルチェ(スイーツ)としてのジェラートの魅力を
存分に楽しんでいただくプレートを多数ご用意いたしました。
ここでしか味わえないオリジナルメニューを是非ご賞味ください。

karuizawa.jpg


以上、BABBIのHPより。
もっと知りたい方はこちらからどうぞ
***

さて。
軽井沢でしか味わえないオリジナルメニュー。
それは「BABBIオリジナル生クリームのシューロールケーキ」でした。
「チョコレート・ピスタチオ・ヘーゼルナッツ」三種あり、迷いましたが、やはり定番のチョコレートにしましょう。それとセットで、珈琲をオーダーしました。

090122_1419~01.jpg


友達は、ダイエット中だからと、ジェラート。


090122_1417~02.jpg


迷いに迷って「ピスタチオ」と「ストロベリー」に決定。


「ダイエット中だったら、珈琲だけにすればいいのに」
「知らないの? ジェラートってカロリー低いのよ」
「知らなかった」
「ショートケーキの約三分の一。ふつうのアイスクリームに比べて乳脂肪分も低いの、7%くらいしかないの」
「ふうん」(……「ぢっ」と目の前のロールケーキを見る私)「ま。いいか」

090122_1417~01.jpg


「ああ! このピスタチオのジェラート、最高!」
「ロールケーキ、おいしい……」
しばし、至福モード。


ポップなカップなんかも売られています。目が泳いでしまいます。
その日、友達が「一目惚れ」したのはこれ。「この美しいブルーに惹かれる……」

090122_1418~02.jpg

なんだか久々に、スゥイーツなひとときを過ごせたような気がします。
軽井沢のBABBIは、そこだけとっても異空間でした。

軽やかで洒落ていて、私の大好きな赤がいっぱいで……。

お気に入りのカフェがひとつ、増えました◎。



山口路子プロフィール写真

山口路子

プロフィール
作家。2001年に東京から軽井沢に移住。
著書に『彼女はなぜ愛され、描かれたのか』(すばる舎)などのエッセイ集、小説『女神<ミューズ>』(マガジンハウス)など。軽井沢を舞台にした作品としては、小説『軽井沢夫人』(講談社)がある。
公式ブログ*山口路子ワールド*
http://anais.cocolog-nifty.com/blog/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
公式HP