ときにはホワイト・デイな気分で★

どうも、ハートマークばかりが目に入るわっ。

と思ったら、ホワイトデイ・ギフトフェアなるものが繰り広げられていました、プリンス。
バレンタイン・デイの返礼としてのホワイト・デイ。
そんなハートマークめいたイベントから、ぽいっ、と放り出されてしまったのは、いつのころだったでしょうか。
失われたあんなときこんなときを、思い出しながら甘いモードのプリンスを歩きます。


★「ベターリビング」にて、この感覚は、さらにあおられました。


だって。
店内に入って、すぐに目に飛び込んできたのがこれなんですから。

090311_1421~01.jpg


「好きって素直に言えない……そんな時はメッセージキャンドル」

090311_1429~02.jpg

いま、そっとつぶやいただけで、どこかからチョップが飛んできそうです。そんな人格にいつからなってしまったのでしょうか……。


さて、このメッセージキャンドル。

キャンドルの炎が甘くゆれて、そして、だんだんと何かが浮かび上がってきます。

……。

なにかの言葉のようです。

……。

いま、はっきり見えました。


「I LOVE YOU」


ああ。なんだかせつないです。

……。


もうこうなったら、真赤なハート型のキャンドルでもなんでも贈り合って、盛り上がっていただきたいものです。

090311_1429~01.jpg


見ているだけで、(私の場合は)失われた青春の、あれこれにひたれた、そんなベターリビングの甘い甘い一角でした。

次、まいりましょう。


★「カドカド」、ここのチーズケーキは、我が家のお気に入りで、個人的によく利用します。


メッセージキャンドルもよいけれどホワイトデイ、こってりと美味しいチーズケーキなども喜ばれるのではないでしょうか。
私が訪れたときも、女性ばかり4人のグループが、試食のベイクドチーズケーキに、
「おいしい!」
「おいしい!」
「すっごくおいしい!」
と感動していました。

090311_1437~02.jpg

新しいのも見つけました。「ハニー・マスカルポーネ」。
蜂蜜とマスカルポーネ……ぜったい美味しそうです。
それに、この外観がそそります。頬張りたいです。

090311_1438~01.jpg


ところで「カドカド」という、とってもキュートな名前は、Cadeau=「贈り物」というフランス語からとられていました。
お店の正面にある、カドカド物語。クリーミーな黄色に白いタイル、好きなデザインです。


090311_1434~01.jpg




山口路子プロフィール写真

山口路子

プロフィール
作家。2001年に東京から軽井沢に移住。
著書に『彼女はなぜ愛され、描かれたのか』(すばる舎)などのエッセイ集、小説『女神<ミューズ>』(マガジンハウス)など。軽井沢を舞台にした作品としては、小説『軽井沢夫人』(講談社)がある。
公式ブログ*山口路子ワールド*
http://anais.cocolog-nifty.com/blog/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
公式HP