「デリフランス」と「旬粋」の、おいしいもの★

デリフランス、巷(せまい交友範囲ですが……)で人気急上昇◎です。

人気の理由その①店内装飾が、スタイリッシュ。
人気の理由その②すばらしい眺望。ずっといたくなる。
人気の理由その③ボリューミーなサンドイッチ、これがめちゃくちゃ美味しい。パン生地だけでも味わえる。
人気の理由その④焼きたてパンがそのまま店内で食べられるお手軽さ。しかも美味しい。
人気の理由その⑤珈琲専門店ではないからと期待していなかったが、珈琲まで美味しかった。

というわけで、パン大好きな私としてはうずうずしていたのですが、ようやく出かけてきました。
三十二歳年下の女の子(誰)と一緒に、春休みのひとときを楽しんだわけです。
まずは店内で、パンを選びます。
マフィンとドーナツと、ちょっとかくれていますが、ブルーベリーのペストリー。

090311_1500~02.jpg

そして、サンドは、新しいメニューである「シュリンプ」をオーダー。
↓作りたてを席まで運んでくれるので、わくわくと待っている様子。

090311_1500~01.jpg

これが「シュリンプ」。

090311_1504~01.jpg

評判どおりに、フランスパンが◎で、美味しかったです。珈琲も◎。
私はマフィンがとっても好みでした。手作りの、なんだかとっても懐かしい味がしました。


旬粋で、「自宅でお蕎麦を楽しむ」をコンセプト(というほどでもないですが)に選んでみました。
そば粉を買って、自家製のそばがきなどを作ります。
090311_1403~01.jpg


器も大切です。
いつものではなくて、こんなかんじのにしたら、それだけで、気分が盛り上がります。
蕎麦湯もいつもより味わい深くなりましょう。

090311_1406~01.jpg


(私はとろとろの蕎麦湯が大好き。何も混ぜないでそれだけで味わうのが好きです)


さらに、ときにはこんなカラフルなお蕎麦などもいかがでしょうか……。春だし!

090311_1408~01.jpg

……と、かなりいいかげんな調子で選んでいますが、「旬粋」は蕎麦グッズが豊富にそろっていて、眺めているだけでかなり楽しいです。

<おまけ>先日、どら焼き好きのお友達へのお土産に、さささと立ち寄りました。自分用にも購入して、食べたら、お、おいしい……。最後の一個、食べつくす前に、写真に撮りましたので、掲載します。

090320_1002~01.jpg



山口路子プロフィール写真

山口路子

プロフィール
作家。2001年に東京から軽井沢に移住。
著書に『彼女はなぜ愛され、描かれたのか』(すばる舎)などのエッセイ集、小説『女神<ミューズ>』(マガジンハウス)など。軽井沢を舞台にした作品としては、小説『軽井沢夫人』(講談社)がある。
公式ブログ*山口路子ワールド*
http://anais.cocolog-nifty.com/blog/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
公式HP