危険なまでに美しいスキャパレリ◆

「ショッキングピンクを生んだ女」、スキャパレリの名は、ガブリエル・シャネルの生涯を追う中で、知りました。

51%252B8zUu3%252BlL__SL500_AA240_.jpg


第二次大戦前、1930年代後半、「イタリアからやってきたエルザ・スキャパレリという名のデザイナーが、デザイナー自身の美しさとスキャンダラスな服によって一躍時の人になった。シャネルは初めて終われる立場に立たされた」といったかんじで、知ったのです。

090427_0811~02.jpg

 
スキャパレリの基本方針は「秩序や価値などの破壊、逆転を行う」こと。
つまり、「魅惑するためにはショックを、眩惑するためには驚愕を与える」ということでした。
はじめて発表した香水の名が「ショッキング!」。


090427_0811~01.jpg

スキャパレリといえば、「ショッキングピンク」の色で有名ですが、この香水の名は、ピンクの色彩と合わせて、スキャパレリの強烈な個性を物語っています。


090427_0809~01.jpg

以前、紹介したことのある「ポール・ポワレ」に見出されてモードの世界に入り、二十年ちょっとで引退したスキャパレリ。
短い活動期間ではありましたが、今でも彼女に魅了されている人は少なくはありません。


それはなぜか。

アンドレ・ブルトンは『ナジャ』の中で書いています。

「美しさとは、危険なまでに激しく込み上げてくるもの。そうでなければ美ではない」

スキャパレリには、この種類の美があったのです。


「メモワール・ドゥ・ラ・モード スキャパレリ」を参考にしましたが、ブルトンの定義といい、スキャパレリの言葉といい、収穫の多い本でした。

41MMTXP636L__SL500_AA240_.jpg


「魅惑するためにはショックを、眩惑するためには驚愕を!」


「美しさとは、危険なまでに激しく込み上げてくるもの。そうでなければ美ではない」

……。


ここしばらく、とらわれそうです。


参:「メモワール・ドゥ・ラ・モード スキャパレリ」 フランソワ・ボド  光琳社出版



山口路子プロフィール写真

山口路子

プロフィール
作家。2001年に東京から軽井沢に移住。
著書に『彼女はなぜ愛され、描かれたのか』(すばる舎)などのエッセイ集、小説『女神<ミューズ>』(マガジンハウス)など。軽井沢を舞台にした作品としては、小説『軽井沢夫人』(講談社)がある。
公式ブログ*山口路子ワールド*
http://anais.cocolog-nifty.com/blog/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
公式HP