バビのバレンタイン、プラスアルファのポーチ★

世のなかは、やはり、期日がせまってきているせいか、バレンタインモードです。
胸をばくばくさせながら、大好きなあのひとに、頬染めてうつむきながら、さんざん迷ったあげくに選んだチョコレートを差し上げた……記憶は、はるかかなた。

今は、好意を寄せる男女、20名ほどに、チョコレートをお送りするのが私のバレンタイン。
それも今年は、「気分次第で生きたっていいわよね」というわけで、お休みの年になるかもしれません。この場を借りておしらせさせていただきます……。


さて。
みなさまはそんなことをおっしゃっていてはいけません。
心ときめかせて、バレンタイン、楽しもうではありませんか。

プリンス、ニューイーストガーデンモールのバビで、選んでみてはいかがでしょう?
充実しています。
バビはかつて、このコラムでご紹介したことがありました。
こちらです。


なにかしら、良きもの求めてバビに行って参りました。

そうでなくても、ときどき、ここでお茶をするのですが、今回の目的はバレンタイン。

いくつか目に留まったものをピックアップしました。

いかがでしょう。
手のひらサイズの透明ポーチ、食後も重宝しそうです。
女性がお友達同士でプレゼントし合うイメージでしょうか。
100201_1112~01.jpg

100201_1112~02.jpg


バビのホームページを見ましたら、このポーチのお勧めの使い道が掲載されていました。
たとえば、「口休めのスイーツを入れたり」、「グロスやリップクリームの持ち運びにぴったり」、「お休みの日の、ちょっとそこまで…の用事にも鍵やコインがすっきり入る」、「デスクの引き出しにちょうどよい大きさ」、「USBメモリやダブルクリップの保管もすっきりおしゃれに」
「身軽な格好で出かけたいウォーキングやランニングの際も」「旅行や温泉でお風呂セットを持ち運ぶ」「ipodなどの小型の音楽プレーヤーを入れる」……などなど。


100201_1112~04.jpg


ヒョウ柄のポーチはちょっと用途も異なります。
「長すぎるコードを丸めて入れてしまえばすっきり整理整頓」
「インパクトのあるポーチからハンカチなどのデイリーアイテムやソーイングセットや絆創膏などあったらいいなアイテムが出てくると、ドキッとしますね」

バビのウエハースの美味しさは、もう疑いの余地なしですから、↓

100201_1115~01.jpg


プラスアルファのポーチの用途に今回は注目してみました。



山口路子プロフィール写真

山口路子

プロフィール
作家。2001年に東京から軽井沢に移住。
著書に『彼女はなぜ愛され、描かれたのか』(すばる舎)などのエッセイ集、小説『女神<ミューズ>』(マガジンハウス)など。軽井沢を舞台にした作品としては、小説『軽井沢夫人』(講談社)がある。
公式ブログ*山口路子ワールド*
http://anais.cocolog-nifty.com/blog/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
公式HP