危険な「ゆるT」◆

ヴォーグ・ニッポン5月号に「ゆるT&モード・デニムのスタイル強化合宿」なる特集がありました。
さいきん、自分自身の好みが変容していて、Tシャツっぽいかんじのあれこれを買い足していることもあり、興味深く眺めました。

私は基本的にロングタンクトップが好きなのです。
それは、(許されるシーンでは)ミニのワンピースとしても着られるし、サイドをまとめてブローチで留めれば、ボディラインをごまかしてくれるからです。

ですから、多様な記事のなかでも「アレキサンダーワン」の「T」ラインに注目しました。

100329_0851~01.jpg


アレキサンダーワンはサンフランシスコ生まれの、いま、とっても人気のあるデザイナーです。
この方が、コレクションラインとは別に、昨年「T」ラインを発表。
その名の通りTシャツがメインなのですが、

「レギンスやボディコン・ドレスなどフルラインを揃えているんだ。単なるセカンドラインという位置づけじゃなくて、Tシャツから始まる、独立した新しいライフスタイルを提案していけたらいいなと思ってるよ」

なのだそうです。
いま、「ゆるT」がブームなのだそうですが、この火つけ役がアレキサンダーワンなのでした。

そして、私は今回、久しぶりに「プレゼント」に応募したくなりました。

100329_0852~01.jpg


黒のロングタンクトップです。

「スキニーデニムやレギンスと合わせても、一枚でミニワンピースとしてもOKの万能アイテム。着るとナチュラルに作られるドレープや大きく開いたネックと脇のラインがセクシーな逸品です」

うーん。

このロングタンクトップ。お店で、なんとなくハンガーにかかっていたら見過ごしてしまいそうですけれど、このように説明されると、なんとも魅力的なドレスに思えてきます。こうして人々はヴォーグ・ニッポンのサイトにアクセスし、結果どうしても欲しくなり、購入してしまったりするのだろうな、と思いました。

それでもやはり「ゆるT」には、私はある種のデンジャラスな香りがあるように思います。なんとなく「らくそう」に思わせておいて、実はすごく難しいアイテム、という点において。
若くて細い女の子なら問題ないですが、ある程度の年齢で、いろんなところのラインが変容し始めた人々は、「ゆるT」を取り入れる際、熟慮が必要です。自戒をこめて、ここに記したいです。



山口路子プロフィール写真

山口路子

プロフィール
作家。2001年に東京から軽井沢に移住。
著書に『彼女はなぜ愛され、描かれたのか』(すばる舎)などのエッセイ集、小説『女神<ミューズ>』(マガジンハウス)など。軽井沢を舞台にした作品としては、小説『軽井沢夫人』(講談社)がある。
公式ブログ*山口路子ワールド*
http://anais.cocolog-nifty.com/blog/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢・プリンスショッピングプラザ
公式HP