2008/03/12

ユキムシ

P1000162.JPG
P1000163.JPG
暖かい日です。10時ぐらいまでは霧が濃く、視界30mぐらいでした。その後太陽が顔を出したら、日差しが強く暑いくらいです。日焼けを気にする方はお肌のケアーも忘れずに。雪面で反射した紫外線はこんがり焼けちゃいますよ。あと、雪目にならないように必ずサングラスやゴーグルを着用して滑走してください。
融雪も進み、ゲレンデ横のちょっとした壁の木の下を除くと、雪解け水がしたたり落ちていました。あらためて、温暖化なんだなーと感じエコ活動の大切さを実感しました。
巡回中にふと雪面を見たら、「ユキムシ」が活動を始めていました。正式名は断定できないので・・・蚊に似たムシです。休憩してるときちょっと雪面に目を向けて見てください。たまに見かけますよ。

コメント

「セッケイカワゲラ」ですね。東京工業大学の幸島司郎さんが研究の第一人者かと思います。この二つの言葉で検索するとちょっと詳しい生態がわかります。気温が0℃のときは体温も0℃、氷点下16℃のときは体温も氷点下16℃で、それでも動き回るという変わり種です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)