2008/03/10

救助用ボート

P1000156.JPG
P1000155.JPG
雨です。山頂付近はみぞれですが、ほぼ雨です。雪も湿雪に変わり、滑走はしやすいですがウェアーや手袋が濡れてしまいます。それでも、雨の中楽しく滑っているお客様を見ると、こちらもしっかり仕事をしなくてはと思います。
写真は救助用ボートです。左側が樹脂でできていて少し軽めになっているボートです。ゲレンデ状態が良いときに使用して、前にバーを取り付け後ろはロープで引きます。右のボートはアルミでできていて少し重いです。アイスバーンやコブ斜面・急斜面そして緊急時などに使用し前後にバーを付け搬送します。中身はマット・毛布・副木(長1枚 中2枚 短2枚) ソフトシーネ(LL L M S 各1枚)が入っています。基本的には、スノーモービルで救助に向いますが座れない・動かせない・患者本人の希望などでボートが出動します。副木は患部によって使い分け、色々な種類を揃えて対応します。

コメント

春スキーの雰囲気が強くなってきましたね。

今シーズンのシーズンインに関西からツアーで参加しようとしたところ、積雪不足によるゲレンデオープンの延長で杉の原の滑走を逃しており、どうしても悔やまれたので今週末に関西よりリベンジします。。。今回は1泊2日!
今年は雪も豊富だったので大丈夫かな?と思っていたのですが
春の陽気が早くも訪れてしまったのですね。
ゲレンデの状態と雨が心配です。。。
雨が降った場合パークはクローズしてしまうのでしょうか??

何にしても2年ぶりの杉の原になるのでかなり楽しみにしております~(^^)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)