2009/12/12

コース、リフト一本追加です。

今晩は、索ブロ【ジャンボ】です。
昨日雪が降りホテルの敷地内も、
P1000302.JPG
一面銀世界!!
う~ん!まるで雪国みたいですね。

雪が造れずなかなかゲレンデ拡大に苦しみましたが・・・
我らがカルスキ降雪部隊の皆さんのおかげですね
造雪機の雪で本日からもみの木コースOPENすることが出来ました。
もみの木コース全長<400m>コース幅<15m>
足慣らし練習に最適なゲレンデとなってます。
DSC04593.JPG

DSC04594.JPG

くりの木、プリンスゲレンデの様子です。
P1000306.JPG
P1000303.JPG
P1000311.JPG
P1000312.JPG

さて今日は11月17日索ブロで公開しましたリフトの乗り方降り方講座、
第1弾「SNOWBOARD編(PC)」に続き
第2弾「SKI編」をお送りします。

リフト乗り降りのとき、ゆっくりにしてほしい時や
乗車に不安なひとは気軽に声を掛けてくださいね。

P1000260.JPG
1.片方のストックを外して片手で持ち、オレンジと緑の待機位置で一旦止まります。

P1000261.JPG
P1000262.JPG
2、係員の合図か前方の信号灯が青く光ったら、オレンジと緑の乗車位置へ進み、
後ろから来る搬器(イス)が来るのを確認してあわてず座りましょう。
このときストックを地面につけておくと引っかかってしまうので地面から離しましょう。

P1000263.JPG
3、しっかり座れたら、スキーの先を上げ地面に引っ掛けないよう注意!
引っ掛けてしまうとリフトから落ちてしまいます。
足が浮くようになったら頭上の安全バー又は足掛けを下げましょう。
最近背もたれと座面のすき間にストックを入れるお客さまがいます。
乗る際に搬器に乗ることができず、降りる際に引っかかって降りられずと
危険な行為ですので乗り降りの際はやめていただくようお願いします。

さあリフトに無事乗れたらゲレンデ到着までワクワクドキドキしながらお待ちください。
あっ!乗車中はリフトを揺らさないようにお願いしますね。

P1000264.JPG
4、降り場に近くなったら、安全バーを上げ降りる準備をします。
乗り場と同じようステージに引っかからないようスキーの先を上げます。
ストックも引っかからないように注意します。

P1000265.JPG
P1000266.JPG
5、オレンジと緑の降車位置まで来たら、スキーをまっすぐにし静かに立ち上がります。
降りるとき搬器を強く押すと振り子のように
搬器がかえって来て危ないので静かに下りましょう。

6、次の人が降りてきますので速やかにゲレンデへ進みましょう。

以上スキー編でした。

さぁ~て明日のカルスキは!?

13日(日)
《曇》
最低気温《0℃》
最高気温《5℃》
降水確率《30%》
曇りで1日寒くなっております。
周辺道路昨日の雪はほとんど溶けてしまいましたが、
日陰の凍結、朝晩の冷え込みによる凍結が心配されます。
寒さ対策をして準備万端!!カルスキへレッツGO!!

軽井沢プリンスホテルより!!
昼食代無料でリフト券もついたスペシャルプラン!
15
滑って泊まって楽しめる軽井沢プリンスホテルスキー場へGO♪
明日もスタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

今シーズン!!!
リフト混雑状況や、周辺スポット、カルスキの事なら
カルスキを全力案内!!(★モバイルのみ★)

軽井沢プリンスホテルスキー場(PC/モバイル)
※パソコン環境では「PC」、携帯電話からご覧いただく場合は「モバイル」をクリックしてください。