2010/01/05

自動循環と固定。

どうも、マッシーです(^-^)ノ

今日は軽井沢にある、リフトの種類について書きますね。


第一高速、第二高速は、「単線自動循環式特殊索道」と呼ばれるもので、

なんと!

乗り場と降り場で搬器(イス)がワイヤーを放します!

DSC_0771.JPG

乗り降り場の押送装置に入ったらワイヤーを放して~

DSC_0775.JPG

タイヤがスピードを落としながら搬器を押していきます。

DSC_0779.JPG

第一高速の回る部分は「ツメ」が、

2009122408200002.jpg

第二高速の場合は、押送全部が「タイヤ」なので

タイヤが搬器を押して行きます。

第二高速のいい所は、勝手に搬器の間隔を測ってくれていて、

タイヤの速度を調節して、搬器同士を等間隔にしてくれます!

頭いいですね~(^-^)b

で、回りきったらまたタイヤが搬器を加速させながら、

ワイヤーを掴んで出発するわけです。


自動循環式は乗り降り場でゆっくりになってくれるので、

慣れてない方でも安全に乗り降りできます(^-^)

でも、スキー場によっては乗ってみたら急なコースだった!

ってこともあるので、コースチェックも忘れずに!


2010010518150000.jpg

お次は「単線固定循環式特殊索道」ですね。

うちではロマンスリフト、トリプルリフトがこれになります。

こっちはシンプル!

搬器がワイヤーを掴みっぱなしです。

なので、係員が減速でもしなければ、ゆっくりになることはありません。

2010010518100000.jpg

ワイヤーを掴む部分を握索機と言い、

横の筒に鉄のバネが入っていて、

バネの力で掴んでいます。

オフシーズンには搬器を外して、握索機の整備を行っているので、

ちゃんと掴んでますよ~!

と、簡単な説明でしたけど、長くなっちゃうので終わりにしたいと思います(^^;

次回はリフトの営業準備の様子かな~?

視聴率わるそ~(^^;


最後に最近の山頂からの浅間を。

DSC_0780.JPG


軽井沢プリンスホテルスキー場(PC/モバイル)
※パソコン環境では「PC」、携帯電話からご覧いただく場合は「モバイル」をクリックしてください。